僕らの友達よしださんの事

1971年7月に行われた飯田高校ライブに纏わる思い出、話題など、よしださんに係わる事を綴っていきたいと思います

「どうしてそんなところに行く気になったんだろう?」

 長野市松本市には地元ラジオ局の番組で来たことがあると言う吉田さん。高校のライブに行った事もほとんど記憶がないと語った。
 飯田高校にライブで来た事について
「どうしてそんなところに行く気になったんだろう?」
とはWが吉田さんと話した時に本人からでた言葉。
 
 飯田高校での23曲というのは大サービス。数か月後に発表されたライブ録音のLP『ともだち』の原型が良く出ている。
曲目リスト
・第1部<吉田拓郎によるワンマンライブ>
①青春の詩
②こうき心
③今日までそして明日から
④今は僕君が好きだよ
⑤準ちゃんが与えた今日の吉田拓郎への多大なる影響
(ここまでが前半の前半)
⑥もう寝ます
⑦春でもないのに(本田るつ子の「秋でもないのに」の替え歌
⑧遊びに来たよ
⑨どうしてこんなに悲しいんだろう
⑩思い出そうよ
・第2部<ミニバンドをともなっての後半>
①船方さん(ご存知、三波春雄のヒット曲を発声練習代わりに合唱)
②そこに惚れた
③やせっぽちのバラード
④夏休み
⑤されどわが人生(斉藤哲夫のカバー)
⑥わっちゃいせい
⑦ある雨の日の情景
⑧こうき心
⑨マークⅡ
⑩ともだち
⑪人間なんて
⑫イメージの詩
⑬さよなら僕は気まぐれ
(後半の曲はLP『ともだち』の収録曲がほとんど)